メインビジュアル: ハイチーズ 3月8日発売

ひとくちでゆっくりとひろがる濃厚なチーズクリームと、特製だし醤油のあられが織り成す極上ハーモニー。コク深い味わいとともに、贅沢なひとときをお届けします。

ハイチーズだけの美味しさ

94%が好きと回答

94%

出典:2020年7月実施 ㈱アスマーク CLT調査(N=109)

醤油とチーズのハーモニーがバランスよくて美味しいです。味の濃さもちょうど良いと思った。

食感がおせんべいはサクッと、チーズの部分はしっとりしていて、とてもマッチしている点が良い。

濃厚でなめらかなチーズクリーム さくっと軽やか香ばしあられ 旨味引き立つ特製だし醤油

2種類のチーズと特製だし醤油

チェダーチーズとゴーダチーズをブレンドしたチーズクリームと特製だし醤油のあられ。

4度挽きのチーズパウダー

4段階ていねいに挽いたチーズパウダーをとかすことで、クリームの滑らかさを実現。さくっと軽やかなあられとともにひろがるくちどけを追及しました。

ハイチーズの軌跡 原点と進化の物語

先輩から後輩へと受け継がれる技術や精神、そして熱い想いを初代ハイチーズチームへのインタビューを通してお届けします。
社員紹介 社員紹介

Topic1始動

百貨店の最高米菓を家でも手軽に楽しんでほしい

ハイチーズ誕生の経緯を教えてください。

1983年発売時の初代ハイチーズ

Topic2新しさ

洋のチーズ×和のあられで、 米菓の新しい扉を開いた。

――ハイチーズは、どんなところが新しかったのでしょう?

佐藤 当時、チーズはまだ高級品で、チーズを使ったお菓子自体がかなり目新しかったと思います。

Topic3挑戦

商品づくりも売り方も、すべてが初めてのチャレンジ。

――当時、こんなチャレンジをしたというエピソードを教えてください。

高野 チーズクリームもまったく知見がないところからのスタートでした。

佐藤 当時菓子メーカーの営業は問屋回りが中心でしたが、亀田製菓は1店 ずつ商談をしていました。

Topic4挑戦

くちどけ、味の相乗効果―「美味しさ」を妥協しない。

――商品開発時、特にこだわったポイントは?

Topic5進化

上品でまろやか。チーズのくちどけをアップして新登場。

――今回新たに発売されるハイチーズの味はいかがでしょうか?

宗村 チーズは上品な味でくちど けも良くなったと感じます。とてもまろやかになりましたね。

1983年発売時の初代ハイチーズ

Topic6期待

ハイチーズ・スピリッツ、今そして未来へ。

――新しいハイチーズで、大切にしたいことはなんでしょう?

技術と想いを伝承して生まれ変わったハイチーズ

商品情報